みんなが悩むQ&A

うつ病になったら確認したい就業規則をみる5つのポイント

就業規則を読んだことがありますか?

うつ病になった時に読む、就業規則のポイントをまとめました

そもそも、就業規則って何?

就業規則とは、
労働基準法によって10人以上従業員がいる会社に作成が義務づけられているもので、
会社のルールや約束事が書かれています

うつ病になったら確認したい就業規則 5つのポイント

就業規則にはうつ病になった場合に関係するポイントが5つあります

①受診の指示

受診の指示は、
比較的、書かれていることが多いです

(例)

「会社は、従業員が継続または断続的に1か月に〇日以上遅刻、早退、欠勤をした場合は受診を指示することがある。その場合の医療機関の選定は会社と従業員で協議して決定する。なお、受診時の費用は従業員が負担する」

なんか難しいですね

何が言いたいかというと、

体調不良で休みが長引いたら、
会社から病院を受診するよう指示する場合がある

ということです

②休職について

休職については、
義務ではありませんが、
多くの会社は設定しています

(例)

休職の扱い

「業務外の傷病により、継続または断続して1ヶ月のうちに○○日(欠勤中の休日も含む)以上、療養を要するとき」

「心身の疾病により正常な労務提供に支障を来しているとき」

これも、簡単に言うと

うつ病(心身の疾病)により、働くのが難しい時は休職を使えます

ということです

休職がない場合、
うつ病になったら退職することになることになるため、
休職制度があることは労働者にとっては有利なことです

多くの会社では、勤続年数によって休職期間の長さが決まります

勤続年数が長い方が、休職期間も長い場合がほとんどです
「どのくらい休めるのか」ということは非常に大事なことなので、
休職する場合は確認しておきましょう

休職適用の前に、一定期間を「病気休暇」などとして休める制度がある会社もあります

③休職中のお給料、勤続年数について

休職期間中は給料が支払われない場合がほとんどですが、
そのことについても就業規則に書いてあります

(例)

(休職期間中の取り扱い)

休職期間中は原則として無給とする。

休職期間は原則として勤続年数に算入しない。

会社によって扱いは異なりますので、ぜひ確認してみてください

ほとんどの場合は休職期間を勤続年数から除外しています
これは退職金を計算する際に関係するため記載されているものです

④復職について

休職から復職を目指す時に

  • 「どのような状態だったら復職になるのか」
  • 「復職までのプロセス」

についても書いてあります

 

ほとんどの会社は、

  1. 主治医から復職可能の診断書が提出される
  2. 産業医から復職可能の判断が出される
  3. 会社が復職可能と判断する

という要件を復職の条件として、提示されます

⑤休職規程があるか

就業規則とは別に「休職規程」というものがある場合もあります

ある場合は、就業規則にその存在が書いてあるので確認しましょう

就業規則の重要性

受診した時、
主治医に「休職できる期間」を話しておくと、
復帰までの流れがスムーズになります

そのためにも、
うつ病によって、会社を休む可能性がある場合は確認しておきましょう