みんなが悩むQ&A

休む?やめる?我慢する?

メンタルクリニック等を受診してうつ病と診断された時、

「会社を休むか、我慢して働き続けるか、辞めるか…」

と迷われる方は多いと思います

これからの選択肢を考えていきましょう

退職は最後の選択

結論から言うと、
特殊なケースでない限り、
すぐに退職することは避けましょう

うつ病の症状の一つに
「自分自身や置かれている環境に対して、より否定的に考えてしまう」というものがあります

「症状が重い時に大事な判断はしない」というのが大切です

一度退職を届け出てしまうと、
通常は取り消すことができませんから、
ほかの選択肢を選びましょう

次の選択は?休む?我慢して働く?

すぐに退職しないとなると
「我慢して働き続けるという選択肢しかない」
と考える方も多いです

この時、うつ病の方は

「ここで休んだら出世コースから外れてしまう」

などといった否定的に考えてしまいます

休職をしてうつ病の治療に専念した方が良いというのが結論です

ただし、症状がそれほど重くない場合、
勤務時間の短縮や残業制限などの配慮を受けることで、
休職せずに回復していけることもあります

どちらにしても、
うつ病が思考にも影響を与える病気である以上、
本人の思い込みで判断せず、
主治医に判断をしてもらいましょう

休む期間はどうすれば良いのか?

休職をする場合に気になるのが
「休む期間はどうすれば良いのか?」

これについては

「会社の規則上の問題」
「症状、状況の問題」

を合わせて、総合的に判断する必要があります

会社の規則上の問題

「どの程度休める期間があるのか?」を確認しましょう

多くの会社では傷病によるお休みを「休職」と呼びますが、
休職制度は会社ごとに異なります

休職制度がない会社もあれば、
3年近く(しかも一部は有給で)休職できるような会社もあります
また、制度が曖昧で『交渉次第』という会社もないわけではありません

心身のコンディション的に確認するのが難しければ、
家族に代理で確認してもらうというのも一つの方法です

症状、状況の問題

症状はもちろんですが、「うつ病にかかったのが初めてか、再発なのか」といったことも、重要な判断材料です
休職期間の決定において最も尊重されるべきは、
主治医の意見です

症状がそれほどひどくなければ、
1カ月程度で復帰されるケースもあります

ですが、再発や症状が重い場合は、
すぐに判断することが難しいケースがほとんどです

ひとまず主治医の指示に基づいて1~3か月ほど休職し、
その後は状態を見ながら随時延長していくというのが一般的です

休職期間が長いと焦る気持ちがでできますが、主治医の意見に従いましょう

最後に

実際は上記で説明した以外に
「経済的に休める期間」なども加味しながら、
期間を決めていくことになります

休職中は
「何とか早く元に戻ろう」と焦ってしまいがちですが、
はたして「元に戻る」で解決するでしょうか?
働き方や生き方に、無理はありませんでしたか?

休職の期間は『人生を見直す期間』です
この機会に、これからの人生をもう一度考えてみてください